July, 2015

Month
goodbye-leochan

Good Bye 大好きで大好きで大好きなレオちゃんへ

こんにちは、愛です。 前回の記事を書いた翌日、レオちゃんは動物病院で静かに苦しむこともなく息が止まりました。 「容態が急変して呼吸が止まってしまいました、すぐに病院に来れますか?」と病院から電話があったんです。 この電話をもらう20分前は「お昼ご飯もいっぱい食べてたし大丈夫ですよ~!」って先生と電話で笑いあってたのに、...
whysocry-leochan

犬は飼い主の弱さや不安を繊細に感じとる

こんにちは、愛です。 急遽、動物病院に行ってきました。 レオちゃんがずっと「ファンファンファンファン」と鳴き止まなかったんです。 実は先々週から膀胱炎になっていたレオちゃん。 おしっこをする時に少し苦しむ素振りは今までに何度かありましたが、ここまでの雄叫びじゃなかったし、先週の血液検査でも「順調に炎症が治ってきている...
about-family

仕事しながら愛犬の介護って無理にもほどがある

今日は仕事と家族のことを書きたいとおもいます。 なんで私は今一人でレオを診ているのか、、、 小学生の頃に飼い始めた子です、もちろん一人で育ててきたわけではありません。 レオはもともと母のマンションで飼っていたのですが、レオは私のことが一番大好きなので、介護が必要になってから私が一人暮らししているマンションで看るようにな...
mylove-leo

世界で一番大切なレオちゃんのこと

初めまして、愛です。 今日は私の大切な愛犬レオちゃんのことを書きます。 レオは私が小学6年生の頃、どうしても犬が欲しくて家族に懇願し、縁があって我が家にやってきてくれた子です。 当時はめずらしいと言われていたクリームゴールド色をしたちょっと大きなダックスフンドの男の子で、ひときわ太くて短足な手足と真っ黒いお鼻が特徴です...